アメリカ生活 Eビザ保有者がI-94を更新│滞在許可の延長方法とその注意点

Eビザ保有者がI-94の滞在許可を延長! ~I-94の更新方法とその注意点~

 

Eビザ保有者で、アメリカに2年以上滞在予定の方へ向けた記事です。

 

アメリカのI-94を更新する必要がありますか?

こんにちは、アメリカ駐在員のユキヒョウ。( )です。

アメリカのEビザ(条約貿易・投資家用の査証)とI-94(入出国記録)について、移民法弁護士の方に確認しました。

Eビザの有効期限は5年の一方、I-94に記載される滞在期限は最大2年であるため、Eビザで入国後、2年以上の滞在となる場合は滞在期限(I-94)の更新が必要となります。

その場合、どうすればいいかご存知ですか?

今回はEビザ保有者がI-94を更新するための方法ならび注意点をシェアします。

これにより、Eビザ保有者は正しい知識に基づきI-94をスムーズに更新することが出来ます。

尚、ビザの有効期限内であっても有効なI-94を保有していない場合は「不法滞在」となり、ビザは自動的に無効扱いとなります。

この記事でわかるコト、出来るようになるコト

  1. アメリカにおけるEビザ、I-94に関する基礎知識が身に着く
  2. Eビザ有効期間中のI-94の更新方法とその注意点が理解できる
  3. 最も確実にI-94を更新する方法がわかる

移民法・ビザ・滞在の重要基礎知識

まず、I-94ならびにEビザの基礎知識から。

I-94・Eビザの基礎知識


I-94とは

  • Eビザを含む非移民ビザでのアメリカ入国時に発行される入出国記録
  • 許可された滞在資格(Class of Admission )と滞在期限(Admit Until Date)が記載される
  • I-94上の滞在期間が有効であれば、仮にビザが切れていても米国滞在は合法
  • I-94はパスポートの有効期限までしか与えられない

 

Eビザとは

  • アメリカと日本(または他の条約締結国)間の貿易事業に携わる人に発行されるビザ(E-1)と、アメリカにビジネス投資をした人に発行されるビザ(E-2)の2種類あり
  • 有効期限は5年(何度でも再申請&更新が可能)
  • ビザ有効期間中、滞在期限(I-94)は再入国のたびに2年与えられる(自動更新) 

 

尚、アメリカの移民法・ビザ・滞在にかかる重要基礎知識については以下のWebサイトが分かり易くまとまっていますので参考まで。

Garganigo Goldsmith & Weiss 移民法・ビザ・滞在の重要基礎知識

(http://www.ggw.com/good-immigration-lawyer/immigration-visa-basics/)

 

Eビザ有効期間中のI-94の更新方法について弁護士に確認した結果、以下2通りでした。

  1. 移民局(U.S. Citizenship and Immigration Services/USCIS)に延長申請をする
  2. アメリカ国外に出国して再入国する(再入国は空路がベター)

移民局(U.S. Citizenship and Immigration Services/USCIS)に延長申請する

必要なこと

  • 現在のI-94有効期限が切れる前に、移民局にForm I-129(非移民労働者のビザ取得/滞在許可延長にかかる申請書)と関連書類を提出する

 

留意点

  • 個人ではなく雇用主(会社)が延長を申請
  • 家族(未就労の配偶者、21歳未満の子)がいる場合はForm I-539も併せて提出要

詳細は以下、移民局のWebサイトを参照して下さい。

How do I extend my nonimmigrant stay in the United States? – USCIS

(https://www.uscis.gov/sites/default/files/USCIS/Resources/C1en.pdf)

 

【ポイント】

  • まず、申請すれば必ず更新されるものではない
  • 新たにEビザ資格を審査されるのと同じような形となり、審査中に追加質問されることもある
  • 審査期間は現在の移民局発表によると3週間から4ヵ月程度
  • 審査期間が長いため、その間に運転免許証の更新が出来ない等の不都合が生じる可能性あり(運転免許証の更新には有効なI-94の提出が必要)
  • Premium Processing Service($1,225)を移民局に支払えば審査期間は15日間に短縮可能
    ※家族のみ申請の場合は同サービスは使用不可
  • 但し、審査は比較的厳しい傾向にあるため、延長が認められない可能性もある

 

以上のことから、再入国の方法を勧められました。

アメリカ国外に出国して再入国する(再入国は空路がベター)

 

必要なこと

  • ビザ有効期限内にアメリカ国外に出国し、再度入国する(だけ)

 

【ポイント】

  • 移民法上はカナダやメキシコも含め、どの国から再入国してもI-94は延長される
  • 但し、メキシコまたはカナダからの陸路やクルーズ(カリブ海島)での再入国は空港での入国審査と異なり変則的であるため、審査官によっては延長されない可能性がある
  • 確実なI-94延長のためには、空路での再入国としたほうがベター

 

ネットにはアメリカと陸続きのカナダ、メキシコからの再入国ではI-94は更新不可、といった不正確な情報も見受けられますので注意して下さい。

※陸路での再入国のケース、または、次の Automatic re-validation provision と混同している可能性があります。

Automatic re-validation provision

有効なI-94を保有している場合、カナダまたはメキシコでの滞在が30日以内であれば、ビザの有効期限が切れていても再入国が可能

本来、有効なビザがなければアメリカへ入国出来ないが、I-94の滞在期限内に限り、カナダまたはメキシコへ出国後30日以内であれば、有効なビザが無くても(期限切れでも)アメリカへの再入国が認められる制度

詳細は以下、アメリカ入国管理局のWebサイトを参照。

Automatic revalidation for certain temporary visitors – CBP Info Center

(https://help.cbp.gov/app/answers/detail/a_id/1218/~/automatic-revalidation-for-certain-temporary-visitors)

 

Eビザも対象となるが、再入国の際は以下の提出が必要

  1. 有効なパスポート
  2. 有効なI-94(アメリカ入国管理局のサイト: www.cbp.gov/I94からプリントアウトしたもの)
  3. アメリカ国内の雇用証明となるもの(Job letter、給与明細など) ※念のため

 

まとめ

弁護士によると、Eビザ保有者がI-94を更新するにあたって最も確実な方法は、ビザ有効期限内に一度アメリカを出国のうえ、「空路で」再入国をすること。

駐在員の場合は国外出張等で出国&再入国をする機会があると思いますが、そのご家族は計画的に出国&再入国をする必要があります。

2年以内に日本への一時帰国を予定されている場合は問題無いですね。

尚、私は一時帰国の予定はなかったので空路でバハマに行きました。

バハマへの旅行については「アトランティス パラダイス アイランドのお勧めと注意点」にまとめましたので、ご興味があれば覗いてみて下さい。

アトランティス パラダイス アイランドのお勧めと注意点│カリブの楽園バハマ子連れ旅行記

2018.06.14

尚、参考までにこれまでの私のI-94更新有無を下記します。

  • メキシコ(空路) → 更新
  • メキシコ(陸路) → 更新されず
  • 日本(空路) → 更新
  • バハマ(空路) → 更新
  • チリ(空路) → 更新
  • カナダ(空路) → 更新

 

※上記は2018年6月時点での情報

移民法や移民局の方針は頻繁に変更となるため、ビザや滞在許可に関して質問が出た場合はその都度、弁護士に確認するほうが安心&確実です。

I-94更新・滞在許可延長にあたっての注意点

注意点まとめ

  1. 移民局へのI-94延長申請は、申請すれば必ず更新されるものではない
  2. 審査期間が長いため、その間に運転免許証の更新が出来ない等の不都合が生じる可能性あり
  3. 審査は比較的厳しい傾向にあるため、延長が認められない可能性もある
  4. 再入国の場合、移民法上はカナダやメキシコも含め、どの国から再入国してもI-94は延長される
  5. 但し、メキシコまたはカナダからの陸路やクルーズ(カリブ海島)での再入国は空港での入国審査と異なり変則的であるため、審査官によっては延長されない可能性がある
  6. 確実なI-94延長のためには、空路での再入国としたほうがベター
  7. 移民法や移民局の方針は頻繁に変更となるため、その都度、確認が必要

 

この記事がアメリカで生活されているあなたの参考になればとても嬉しいです。

 

【あわせて読みたい】

アメリカ生活 陪審員召喚の免除│Jury Duty Summons for Jury Serviceへの対処法

2018.04.12

 

それでは、また。

アメリカ生活情報一覧へ

ホームへ

ユキヒョウ。
このブログがあなたのお役に立てた場合、SNSでシェアしてもらえると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください