アメリカ生活 運転免許証を更新│手続き後も免許が送られてこない場合の対処法




 

アメリカ(カリフォルニア州)で運転免許証の更新手続きをしたが、なかなか新しい免許が送られてこない方に向けた記事です。

 

あなたが持っているアメリカの運転免許証(Driver License)の次回更新(有効期限)はいつですか?

こんにちは、アメリカ駐在員のユキヒョウ。( )です。

アメリカでの駐在期間が複数年に渡る場合、赴任後に取得した運転免許証(Driver License)の有効期限が到来し、更新手続きをするケースがあるかと思います。

今回はカリフォルニア州において運転免許証を更新するにあたり、更新の申請手続きが済んでも一向に新しい運転免許証が送られてこない場合の対処法を解説します。

更新手続き完了後もなかなか新しい運転免許証が送られてこない場合に何をすればいいのかが分かります。

この記事でわかるコト、出来るようになるコト

  1. 運転免許証の更新手続きのやり方、具体的な手順がわかる
  2. 更新手続き後、運転免許証が送付されてこない場合の原因とその対処法がわかる

DMVとは

アメリカ生活 運転免許証を更新│手続き後も免許が送られてこない場合の対処法

アメリカ人が最も行きたくない場所、DMVとは。

とにかく時間がかかる

IRS、TSA、DMV。。

アメリカ人の同僚によれば、アメリカで最も嫌われている機関がこの3つのようです。

IRS(Internal Revenue Service)

IRSとはInternal Revenue Serviceの略称で、アメリカ合衆国内国歳入庁(アメリカの連邦政府機関の一つで、連邦税に関する執行、徴収を司る機関)を指します。

アメリカの確定申告は日本と比べ複雑で、申請書類の準備だけでかなりの時間がかかります。

日本でも税務署が好きでたまらない人はいないと思われますが、アメリカの場合もIRSは好かれていません。

TSA(Transportation Security Administration)

TSAとはThe Transportation Security Administrationの略称で、アメリカ合衆国運輸保安庁(アメリカにおける公共交通機関、主に空港などの安全性を保つことを任務としている機関)です。

アメリカの主要空港におけるセキュリティチェックや入国審査で1時間以上待たされた経験のある人もいるかと思いますが、あれはまさにTSAの仕業。

DMV(Department of Motor Vehicles)

そしてDMVとはDepartment of Motor Vehicles、車両管理局の略称です。

アメリカにおける運転免許証の取得(筆記試験、実技試験)・更新のほか、車両の登録、登録更新料の納付、事故や違反時の罰金の支払いなど、車両に関するあらゆる事案を管轄している機関です。

赴任後、カリフォルニア州の運転免許証を取得する際に初めて行くことになるかと思います。

カリフォルニア州における運転免許証の取得方法、注意点については「アメリカ(カリフォルニア州)でDriver License/運転免許証を取得する ~駐在員が赴任後に運転免許証を取得するための手順、注意点~」を参照して下さい。

アメリカ生活 運転免許証を取得│申請から取得までの手順と注意点

2018.05.10

Driver License/運転免許証の更新手続き

通常、違反等がなければ手許にある運転免許証の有効期限の約2ヶ月前にDMVから有効期限到来にかかるレター(更新通知)が送付されてきます

アメリカ生活 運転免許証を更新│手続き後も免許が送られてこない場合の対処法

レターの記載内容は以下の通り。

アメリカ生活 運転免許証を更新│手続き後も免許が送られてこない場合の対処法

手続きの手順

  1. 必要書類のコピーを準備
  2. Social Security Numberを記載
  3. サインをして同封の返信用封筒でポストに投函

必要書類(Legal Presence Document)

  • パスポートコピー①(顔写真・パスポート番号記載ページ)
  • パスポートコピー②(米国ビザ記載ページ)
  • パスポートコピー③(最新の米国入国スタンプのあるページ) ※念のため
  • I-94(最新) ※アメリカへの入出国記録、ビザ種類、滞在期限等が記載されている

 

視力の悪化(眼鏡やコンタクトが必要になった等)や体調の変化(頻繁なめまいなどで運転に支障が出る恐れがある)がなければQuestion 1,2は無視して大丈夫です。

臓器や生体組織を提供する意思がある場合はOrgan and Tissue DonorのYesをチェック。

引っ越した場合は裏面に新しい住所を記載。

更新申請書を投函後、通常は1ヶ月程度で更新された免許証が自宅に郵送されて来ます

尚、DMVより日本語でのガイドブックも出ていますので参考にして下さい。

カリフォルニア 運転者ハンドブック(日本語2017年版)
(https://www.dmv.ca.gov/portal/wcm/connect/9be4b725-4547-4e0a-95fd-f3aca285a653/dl600J.PDF?MOD=AJPERES)

Legal Presence Verification

但し、提出した書類に不備または審査期間中(更新の申請から新しい免許が発行されるまでの間)に変更が発生した場合は、Legal Presence Verificationというプロセスに回され、更に数カ月の時間を要することとなります。

ちなみにDMVから連絡はされず、こちらからDMVに電話で問い合わせて初めて知らされます。

有効期限まで1週間となっても新しい免許証が届かないようであれば、電話で問い合わせてみて下さい。

DMV Telephone: 1-800-777-0133

尚、新しい運転免許証が届く前に手許にある免許の有効期限が過ぎてしまう場合は、DMVを訪問してTemporary Driver Licenseを発行してもらう手続きが必要になります(即日発効、3ヶ月間有効)。

ただ、DMVはスローな上に常に超混み合っているため、訪問の際は事前に必ず予約を取ることをお勧めします。

予約は電話かWebサイトからになりますが、電話はいつも繋がりにくいのでWebサイトから予約されたほうがベターです。

DMV Appointment System
(https://www.dmv.ca.gov/portal/dmv/detail/portal/foa/welcome)

Legal Presence Departmentに電話をする

アメリカ生活 運転免許証を更新│手続き後も免許が送られてこない場合の対処法

待ってるだけでは何も解決しない。。

Legal Presenceとは

アメリカに合法的に滞在することが認められていることを指します。

駐在員の場合は先ほどの必要書類がLegal Presenceを証明する書類になります。

What is legal presence?
(https://www.dmv.ca.gov/portal/dmv/detail/pubs/brochures/fast_facts/ffdl32#lp)

私の場合、更新申請から受領まで約6ヶ月かかりました。

その理由は、審査期間中にアメリカ国外への出張したことで、I-94の内容(アメリカへの入出国記録、滞在期限)が自動的に更新されたためです。

申請時に提出したI-94の記載内容と、DMVが移民局にその有効性を照会した際の記載内容が同一でなかったことにより、Legal Presence Verificationのプロセスに回されました。

有効期限ギリギリになっても新しい免許証が送られてこない為、DMVに電話(40分待ち)で問い合わせたところで発覚。。

そこから訪問予約を取り、DMVに出向いて新しいI-94を提出。

改めて更新審査を待っている間、私は2回もTemporary Driver Licenseを申請しています。

免許証がないと身分証明書(Picture ID)として常にパスポートを持ち歩かないといけないため、かなり煩わしい日々を過ごしました。

Legal Presence Departmentの電話番号

DMVはとにかく時間がかかります。

特にカリフォルニア州は人口が全米で最も多く、移民の数も多いため、DMVは常に長蛇の列、電話もつながるまで1時間待ち、訪問アポイントも早くて2週間後。。

やっと電話が繋がっても、オペレーターは「もうしばらく待て、3カ月ごとにDMVに来てTemporary Driver Licenseを申請すれば運転には問題ない」の繰り返し。

かなりのストレスでしたが、ネットで検索したらすぐに解決方法が見つかりました。

それはLegal Presence Verificationを担当しているLegal Presence Departmentに直接電話して督促するというもの。

電話番号は以下の通りです。

+1-916-657-7445
+1-916-657-7790

DMVは公には案内していませんが、私も上記に電話して即日で審査が完了、1週間後には新しい運転免許証を受け取ることが出来ました。

 

まとめ

今回は更新の申請手続きが済んでも一向に新しいもの免許証が送られてこない場合の対処法を紹介しました。

この国ではまずトライすること、とにかく自分からアクションを起こさないと何も解決しません。

電話番号は変わるかも知れませんので保証は出来ませんが、何もしないでただひたすら悶々と待っているより、ダメ元でもトライしてみる価値はあると思います。

Good Luck!!

運転免許証更新時の注意点

注意点まとめ

  1. 運転免許証の有効期限が到来する前に更新手続きが必要
  2. 有効期限の約2ヶ月前にDMVから有効期限到来にかかるレター(更新通知)が送付される
  3. 更新申請書を投函後、通常は1ヶ月程度で更新された免許証が自宅に郵送されてる
  4. 提出した書類に不備または審査期間中に変更が発生した場合は、数カ月の時間を要する
  5. 新しい運転免許証が届く前に手許にある免許の有効期限が過ぎてしまう場合は、DMVで仮免発行の手続きが必要
  6. 書類不備がないにも関わらずいつまで経っても新しい運転免許証が送られてこない場合はLegal Presence Departmentに直接電話して督促

 

この記事がアメリカで生活されているあなたの参考になればとても嬉しいです。

 

▼アメリカ駐在 生活役立ち情報 へ▼

アメリカ駐在 生活役立ち情報│知っておくと便利な知識とノウハウを共有

2018.09.26

 

【あわせて読みたい】

アメリカ生活 運転免許証を取得│申請から取得までの手順と注意点

2018.05.10

アメリカ赴任 車を買う│アメリカで初めて車を購入するための事前準備と注意点

2018.04.15

アメリカ生活 ガソリン小売価格を比較│年間でガソリン代はいくらかかる?

2018.05.18

 

それでは、また。

アメリカ生活情報一覧へ

ホームへ

ユキヒョウ。
このブログがあなたのお役に立てた場合、SNSでシェアしてもらえると嬉しいです!

Sponsored Link











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください