アメリカ赴任 渡米後最初にすること│ソーシャルセキュリティナンバー(SSN)の取得

アメリカ赴任 渡米後最初にすること│ソーシャルセキュリティナンバー(SSN)の取得






 

アメリカ駐在赴任するにあたって、渡米後まず最初何をすればいいのかを知りたい方に向けた記事です。

 

こんにちは、アメリカ駐在員のユキヒョウ。( )です。

 

前回は配偶者の事前準備と注意点についてお話ししました。

アメリカに駐在/赴任するにあたって、配偶者は具体的に何を準備すればいいのか悩んでいる方以下の記事を参照して下さい。

アメリカ赴任 家族帯同準備 配偶者編│出発前にやることリスト

アメリカ赴任 家族帯同準備 配偶者編│出発前にやることリスト

2019年9月28日

 

これまでは渡米前に準備しておくこと(生活編)について、5回に渡って解説してきました。

 

今回はアメリカへ駐在/赴任するにあたり、渡米後、まず最初に何をしなければならないかについてお話しします。

結論から言うとソーシャルセキュリティナンバーSSN)の申請、取得です。

 

ここではソーシャルセキュリティナンバー取得方法とその事前準備について解説します。

赴任前に事前準備をしておくことで、渡米後、ソーシャルセキュリティナンバーをスムーズに取得することが出来ます。

この記事でわかるコト、出来るようになるコト

  1. ソーシャルセキュリティナンバー(SSN)の取得方法がわかる
  2. 渡米前に事前準備をすることで、SSNをスムーズに取得することが出来る

 

ソーシャルセキュリティナンバーとは

アメリカにおける社会保障番号のことです。

米国市民(US Citizen)、永住者(グリーンカード保有者)、外国人労働者(就労ビザ保有者)に対して、アメリカ合衆国連邦政府の社会保障局(Social Security Administration)により、個人からの申請に基づいて発行される9桁の番号(3桁-2桁-4桁)。

 

ソーシャルセキュリティナンバー(SSN)とは

・SSN発行の対象は以下の3者のうちいずれかの者
 ①米国市民(US Citizen)
 ②永住者(グリーンカード保有者)
 ③外国人労働者(就労ビザ保有者)

・アメリカ合衆国連邦政府の社会保障局(Social Security Administration)が発行

個人からの申請に基づいて発行される

・番号は9桁(3桁-2桁-4桁) 

英語ではSocial Security Numberと表記し、SSNと略されます。

 

ソーシャルセキュリティナンバーはアメリカで生活するにおいて非常に重要な番号で、少なくとも以下の場面で必ず必要になります。

・運転免許証の発行申請
・クレジットカードの申込み
・各種保険の加入
・アパートの賃貸契約
・学校の入学手続き
・税金の確定申告、など

あらゆる面で必要となる番号なので、渡米後、出来るだけ早いうちに取得しましょう。

個人からの申請に基づいて発行されるので、自分から申請しないといつまでなっても取得できません。

ソーシャルセキュリティナンバーの取得方法、手順

必要書類

ソーシャルセキュリティナンバーの取得に必要となる主な書類は以下の通りです。

SSN申請に必要となる主な書類
・申請書(Form SS-5
・パスポート、米国ビザ
・直近のI-94 
・雇用証明
・戸籍謄本(原本+英訳)
・婚姻証明書(配偶者の方)

但し、必要書類はビザの種類などで異なりますので、念のため(会社を通すなどして)弁護士に確認したほうがベターです。

申請書(Form SS-5)は窓口でも入手できますが、予めオンライン上で記入したものをプリントアウトして持参すると便利です。

申請手順

書類の準備が整ったら最寄りの社会保障局(Social Security Administration)の窓口に行って申請手続きをします。

最寄りのSocial Security Officeはこちらから検索が可能。

 

Zip code(郵便番号)を入力してLocateボタンを押した後、「I Need Card Services」を押すと最寄りのオフィス住所が出ます。

とても混雑しているので朝早めの時間帯など時間には余裕を持って行くことをおすすめします。

混雑状況にもよりますが、手続き完了までの所要時間は1~2時間程度です(ほとんどが待ち時間、手続き自体は10分程度)

オフィスでの流れは以下の通りです。

  1. 受付専用の機械で整理券を取る
  2. 整理券に印字された番号が呼ばれるまで待機(椅子、トイレあり)
  3. 自分の番号が呼ばれたカウンター窓口に行き申請書類を提出
  4. 係員との簡単な質疑応答(過去の渡米履歴、SSN申請理由など)

 

ここで書類不備になると最初からやり直しになるので、準備は入念にして下さい。

申請手続きが問題なく完了すると、2週間程度で申請書に記載した住所にSocial Security Cardが送付されてきます。

申請時の住所はあくまでカード送付のためだけなので、その後引っ越しなどで住所が変わっても届け出る必要はありません

 

尚、家族帯同でアメリカに赴任する場合、家族引きまとめ時改めて社会保障局に行くことになりますが、就労予定のないお子さんにはSSNは発行されません

※SSNは駐在員本人とその配偶者に発行されます。

 

確定申告の際、家族の扶養控除を受けるために家族全員のSSNの届出を求められますが、駐在員の子供にはSSNが発行されないため、代わりにITIN(Individual Taxpayer Identification Number)を取得する必要があります。

こちらは渡米後、初年度の確定申告の際に同時に申請が可能なので、アドバイザーの指示に従ってください。(個人でも申請、取得は可能です)

 

アメリカ赴任 渡米後最初にすること まとめ

渡米後、まず最初に何をすべきか?

これまで幾度となく質問されてきましたが、それはソーシャルセキュリティナンバー(SSN)の取得です。

冒頭でも説明した通り、SSNはあらゆる申請や登録、契約で必要となる情報なので早めに取得する必要があります。

同時に、あらゆる申請や登録、契約が出来てしまうので、SSNカードは

 

絶対に紛失(流出)してはいけません。

 

もしも紛失してしまった場合は第三者による悪用を回避するため、弁護士などに相談のうえ必要な処置を取って下さい。

 

尚、任期が終わって帰国時には特に何もする必要はありませんが、再びアメリカで生活をする際には必要になるので、帰国後も紛失しないように保管しておいたほうがいいです。

 

今回は渡米後に最初にすべきソーシャルセキュリティナンバー(SSN)の取得方法について説明しましたので、皆さんも是非参考にして下さい。

 

渡米後最初にすること、SSN取得の注意点

注意点まとめ

  1. SSNは出来るだけ早めに取得しておく必要がある
  2. 申請書類に不備がないように、事前準備は入念に
  3. 手続き完了後、2週間程度でカードが郵送される
  4. 引っ越しの際、住所変更の届けは不要
  5. 家族帯同の場合、子供にはSSNは発行されない
  6. 万が一、紛失した場合は早めの処置を
  7. 帰国時は特に何もしなくてもよい

 

渡米後、家族引きまとめまで(1~3ヶ月以内)にすること

渡米後、家族引きまとめまでの1~3ヶ月以内にやっておくべきことについては、以下の記事も参考にして下さい。

▼車を買う

アメリカで初めて車を買う! ~車を購入するための事前準備と注意点~

アメリカ赴任 車を買う│アメリカで初めて車を購入するための事前準備と注意点

2018年4月15日

▼家を決める

アメリカ赴任の初期費用はいくらかかった? ~家族帯同駐在員の生活立上げにかかる費用~

アメリカ赴任 初期費用│家族帯同駐在員の生活立上げにかかる費用

2018年4月10日

▼学校を決める

アメリカの学校制度について解説! ~現地での学校選び、入学手続き、日本語補習校~

アメリカ生活 カリフォルニア州の学校制度│学校選び 入学手続き 日本語補習校

2018年4月24日

▼運転免許を取る

アメリカで運転免許証を取得! ~運転免許の申請から取得までの手順、注意点~

アメリカ生活 運転免許証を取得│申請から取得までの手順と注意点

2018年5月10日

 

海外赴任時のお役立ち書籍
|初めての海外赴任、何をどうすればいい?が分かる|

外赴任は決まったものの、何から準備したらいいか分からない場合に読む本。出発前に知っておくべき知識と情報、現地生活におけるヒントやノウハウ、帰国準備に関する情報まで。手元にあるととても心強いガイドブック+チェックノート。効率的な事前準備のためにも。

海外赴任ガイド
created by Rinker
¥3,999 (2019/11/13 06:40:05時点 Amazon調べ-詳細)
海外赴任に伴う各種手続きや子どもの教育、引越、医療など出発前に知っておくべき知識と情報、異文化生活の中で安全・快適に暮らすための知識とノウハウ、日本への帰国の際の各種手続きから帰国後の住まいや子どもの教育に至るまでの海外赴任に関する諸情報を掲載。
海外赴任 リロケーションガイド
「赴任は決まったものの、何から準備したらいいか分からない」という赴任する方やそのご家族の声にお応えし これから始まる海外生活の準備に時系列で説明お役に立つガイドブック。
附録「出発までのチェックノート」も時系列でまとめられていて非常に便利。
夫の海外赴任を「自分ごと」にする
海外での生活には不安や大変なことやつらいこともあるが、気持ちの持ち方ひとつで楽しいことに変わることだってある。海外生活を楽しく、また無事に乗り越えていくためのポイントは、自らが考え、行動を決め、そして行動に移していくこと=パートナーの海外赴任を「自分ごと」にすることだ。

 

この記事がこれからアメリカに赴任される方の参考になればとても嬉しいです。

 

関連記事

▼アメリカ駐在準備 赴任役立ち情報へ▼

アメリカ駐在 赴任が決まったら読んでほしい記事│駐在準備 赴任役立ち情報

アメリカ駐在 赴任が決まったら読んでほしい記事│駐在準備 赴任役立ち情報

2018年9月24日

 

▼赴任準備の次はアメリカ生活情報へ▼

アメリカ駐在 生活役立ち情報│知っておくと便利な知識とノウハウを共有

アメリカ駐在 生活役立ち情報│知っておくと便利な知識とノウハウを共有

2018年9月26日

 

|渡米前にネイティブ講師と英語を学ぶ|

 ▼英会話(無料体験レッスン)▼

世界最大級のオンライン英会話EF Englishtown
オンライン語学留学ならコチラ

満足度・コスパ業界最高水準!

女性専用が安心という貴女には

 

それでは、また。

アメリカ赴任役立ち情報一覧へ

ホームへ

ユキヒョウ。
このブログがあなたのお役に立てた場合、SNSでシェアしてもらえると嬉しいです!













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください