ネイティブの英語ビジネスメール イディオム&フレーズ⑮│There is no magic bullet for

 

アメリカ人がビジネスの場で実際に使っているイディオム&フレーズを学びたい方に向けた記事その⑮です。

 

こんにちは、アメリカ駐在員のユキヒョウ。( )です。

前回はIt ends up (with)の例をシェアしました。

ネイティブの英語ビジネスメール イディオム&フレーズ⑭│It ends up (with)

2018.06.07

 

今回はThere is no magic bullet forの例をシェアします。

ユキヒョウ。
ネイティブのビジネスパーソンが使う英語に触れることで、一歩先の使える英語表現が身につきますよ!

 

ビジネスで使える英語表現 There is no magic bullet for

There is no magic bullet for  ~  : ~への特効薬(魔法のように問題を解決する手段)はない 

メール原文(抜粋)

 

I completely understand the situation but there is no magic bullet for this.

We are doing the best that we think can be done given the project as it exists.

Again, there is no magic switch to turn on and we are taking extreme measures to cope.

 

投資事業において、当初の想定通りに収益が推移することは少ないです。

各国の長期国債利率に資本コスト等を考慮したマージンを上乗せする形で投資基準を設け、計算上、その基準を上回る案件について投資を実行しますが、これがなかなか想定通り行かない訳ですね。

過度に楽観的な想定に基づく判断は後々大きなコストとなって跳ね返ってくることは確かですが、あまり保守的になり過ぎると今度は何もできずに時間だけが過ぎていきます。

難しい判断ですよね。

今回は業績が思わしくないあるプロジェクトに対して、何とか収益改善に向けた対策を打つことはできないものかという私からの質問に対する返信メールです。

短い文章の中から、八方ふさがりでどうしようもない感と同時に(アメリカ人にはよくある)開き直った感が伝わってきます。

 

日本語にすると以下の通り。

RE: Any improvement plan?

 

I completely understand the situation but there is no magic bullet for this.

(悪い)状況は十分理解しているが、この現状を魔法のように解決する特効薬はない

 

We are doing the best that we think can be done given the project as it exists.

プロジェクトが置かれた状況を鑑みて、我々は出来得る範囲でベストを尽くしている。

 

Again, there is no magic switch to turn on and we are taking extreme measures to cope.

繰り返すが(この問題を解決する)魔法のスイッチはないし、我々は出来る限りの対策を講じているんだよ。

イディオム&フレーズ

There is no magic bullet for  ~  : ~への特効薬(魔法のように問題を解決する手段)はない

Magic bullet 【名】特効薬と言う意味で、主に製薬業界で使われる単語のようですが、ビジネスの世界でもよく使います。

使い方は上記例文にあるように、「特効薬はない」という風にネガティブな感じ(言い訳、または諦めムード)で使われることが圧倒的に多い印象ですね。

それぞれ Magic は魔法、Bullet は弾丸という意味で、魔法のように命中する弾丸(銃弾)から転じた表現だと推測されますが、いかにもアメリカらしいですね。

ちなみに Magical bullet とは言いません。

似たような表現で Magic switch to turn on というのが出てきていますが、問題解決のための魔法のスイッチなどないという事を重ねて強調しています。

Turn on / off は(電気などを)つける/消すでお馴染みの表現ですね。

 

given (that) ~ : ~を鑑みて、~という前提で

give 【動】はもともと「与える」という意味ですので、過去分詞の given は「与えられた/既知の事実に基づいて」という仮定の接続詞。

 

as it exists  : それがそのように存在しているまま

この場合の as ~ は~のようにと言う意味なので、As it is では「そのままで/現状のままで」になります。

尚、中古品などを買う時に「現物のまま(保証なし)」という時には As  is という表現を使い、it は省略されるんですね。

This product is provided for use as is without warranty.

本品は現状のまま提供/販売され、保証は伴いません。

まとめ

今日のまとめ

  1. There is no magic bullet for  ~  : ~への特効薬(魔法のように問題を解決する手段)はない
  2. given (that) ~ : ~を鑑みて、~という前提で
  3. as it exists  : それがそのように存在しているまま

今回は There is no magic bullet for の例をシェアしました。

 

次回「Get ~ in place」も是非お付き合いください!

ネイティブの英語ビジネスメール イディオム&フレーズ⑯│Get ~ in place

2018.06.12

 

それでは、また。

ビジネス英語一覧へ

ホームへ

ユキヒョウ。
このブログがあなたのお役に立てた場合、SNSでシェアしてもらえると嬉しいです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください